年金もらえるの?

年金もらえない?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


公的年金がどんどん受給額が減ることが分かっている。
世代間扶助の制度の限界が来ているのか?

昔は多くの働く人達の払う年金保険料が
年金を受け取る人の原資になっていた。

が、これから少子高齢化を迎え、世代間扶助の限界が見えてきている。
公的年金保険料を払わない無い人の率が年々上がっている。

私が勉強した老後資金は、公的年金の受給額が夫婦で約23万円
企業年金のある人達で更に受取額が増えて来ると言うもの。

が、しかし、20代、30代の人達の年金に対する考え方は
年金を当てにしない。年金を当てにできないと考えている。

現に老後資金の確保のため、生命保険などに加入する人が私の
周りでは増えているのです。

あなたが会社の役員であれば、従業員の老後資金のため
この選択制401k制度を導入してみませんか。

選択制401k制度について、みっちり打ち合わせをしてきました。
全国的にこの選択制401k制度が広まっているようです。そして
選択制401k制度を導入した中小企業も増えているようです。

お問い合わせは
info@s-k-kenkyukai.jpまで

これから定期的にセミナーを開催する予定ですので
その際はご参加ください。
2010年3月のセミナー開催予定
3月25日を予定していますが、詳細は次のメルマガでお知らせします。

詳しくは下記ホームページへ
http://s-k-kenkyukai.jp/
posted by 選択制確定拠出年金 at 18:45 | 公的年金

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。