社会保険料軽減シュミレーションの実施

企業に対して社会保険料軽減シュミレーションの実施



____________________________
選択制401kについて少し触れておきます。

従業員もしくは役員が選択制401kをすると手を上げて
自分の給与から○○円選択制401kに出すとします。

給与ー○○円=これが社会保険料などの対象になり、
社会保険料の等級が下がれば、労使ともに負担軽減となります。

社会保険料の等級は2万円の幅で大体推移していますので、ご自分の今の等級がすぐ上の等級に金額的に近いのであれば選択制401kへの拠出が少なくても等級が変わる可能性があることから

現在、ある企業の厚生年金被保険者のすべての給与額の
資料を提出していただくようにお願いしてあります。

その資料を基にどのくらい社会保険料が軽減されるのか
シュミレーションします。これによって、初期の我々のサポートフィーと毎月の費用を払ってまだ社会保険料が下がるメリットが出るのかが分かります。

従業員と役員(60歳未満の厚生年金被保険者)の老後の資金を非課税制度を利用して用意できるほか、会社にも社会保険料などの支出が減ると言う制度です。

現在もどんどん社会保険料などが上がっています。
早く、手を打ちませんか?


お問い合わせは
info@s-k-kenkyukai.jpまで

これから定期的にセミナーを開催する予定ですので
その際はご参加ください。
2010年3月のセミナー開催予定
3月25日を予定していますが、詳細は次のメルマガでお知らせします。

詳しくは下記ホームページへ
http://s-k-kenkyukai.jp/
posted by 選択制確定拠出年金 at 08:00 | 社会保険料削減

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。