社会保険料の定時改定と随時改定2

社会保険料の定時改定と随時改定2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2010年4月から社会保険料等が値上げされます。

これから、どんどん上がっていくことでしょう。
少子高齢化の世の中ですから、昔と違い、支出と収入のバランスが
良くないのです。支出が増えると収入を増やさないといけなくなる。
社会保険料が上がる理由だと思います。

世代間で支える公的年金は過去のものになり、自分年金つまり
選択制401k企業型の制度がこれから主流になっていくと信じます。

今年、1月から401k企業型の拠出限度額が51,000円に上がりました。これは、掛金を51,000円にすると社会保険料の等級が3等級変わる可能性が在ります。3等級変わると言うことは、その分、事業主と従業員の社会保険料支出が減るのです。国の収入が減るのです。それにも係らず、1月に限度額を上げたということは、国もこの選択制401k企業型を推し進めているのです。

前回、社会保険料の仕組みをさらっと書きましがお分かりいただけたでしょうか?

社会保険料等級は随時改定で2等級以上変わると社会保険料が変わる
2等級以上変わる目安が3ヶ月。

選択制401k企業型は掛金(拠出額)を変える事ができるのです。

選択制401k企業型を選ぶ方は、老後資金を国の非課税制度を利用して用意ができるし、選択制401k企業型を導入した企業は社会保険料の軽減が期待できる。我々もお手伝いができ、ビジネスになる。

WINWINWINで三方良しですね。



これから定期的にセミナーを開催する予定ですので
その際はご参加ください。
2010年3月のセミナー開催予定
3月25日(木曜日)京都にて



詳しくは下記ホームページへ
http://s-k-kenkyukai.jp/
posted by 選択制確定拠出年金 at 08:51 | 社会保険料削減

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。