確定拠出年金(日本版401k)のイメージは

確定拠出年金(日本版401k)のイメージは

401kについてさまざまな人にお聞きすると
まず、「知らない」と言う答えが多い。
次に多いのが
「401kは投資教育が義務らしいので
どのように社員教育をしていったらいいのか分からない。」
「社員教育するのは難しい」
「導入費用が高い。」などなど。
「元本割れや資産がなくなることもあるのでは」

401kについてはあまり良いイメージがない。

その401kのイメージを払拭するために
2001年に学習した資料を基に少しずつ理解を深めていただきたいと存じます。

まずは、「401kの由来」について

これはアメリカの内国歳入法の第401条(k)項に由来していることから確定拠出年金制度のことを日本版401kと呼びます。
アメリカの401kはその条文の要件を満たしている税制適格企業年金なのです。

アメリカの401kは従業員が給与を今までのように現金で受け取るか
将来の自分の年金として積み立てていくかを選択する。
今までのように現金で受け取ると通常通り課税され
将来受け取ることを選択すると将来受け取るまで課税を遅らせることができる。



詳しくは下記ホームページへ
http://s-k-kenkyukai.jp/
posted by 選択制確定拠出年金 at 13:17 | 401kの由来

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。